ブログ

世界の資産家番付

今年発表されたフォーブス誌のビリオネアーのリストによると、ベストテンは次の通りとなっている。①Bill Gates(米国)750億ドル(7.5兆円)、②Amancio Ortega(スペイン)670億ドル、③Warren Buffett(米国)608億ドル、④Carlos Slim Helu(メキシコ)500億ドル、⑤ Jeff Bezos(米国)452億ドル、⑥Mark Zuckerberg(米国)446億ドル、⑦Larry Ellison(米国)436億ドル、⑧Michael Bloomberg(米国)400億ドル、⑨Charles Koch(米国)396億ドル、⑨David Koch(米国)396億ドルとなっている。殆どが米国だが、2位のスペインのOrtega氏はZARAのオーナー、メキシコのHelu氏は南アメリカ最大の携帯電話会社の社長及び会長である。

 

2016年度、世界のビリオネアー(10億ドル、つまり1,000億円以上の財産を持っている人)は合計で1,810人、内女性は190人と10%強となっており、どのように財をなしたかという内訳だが、Self-Made(自分で財を成した)1,186人(65.5%)、Inherited & Growing(親から相続をして成長させた)396人(21.9%)、Inherited(親からの相続)228人(12.6%)となっていて、約3分の2は創業者でオーナー経営者だということになる。

 

国別に見ると、①アメリカ540人(人口:322百万人、GDP:18兆9千億ドル)②中国251人(14億人、10兆9千億ドル)、③ドイツ140人(81百万人、3兆4千億ドル)、④インド84人(13億人、2兆1千億ドル)、⑤ロシア77人(144百万人、1兆2500億ドル)、⑥香港64人(7百万人、3091億ドル)、⑦イギリス50人(65百万人、2兆9千億ドル)、⑧イタリア43人(61百万人、1兆8千億ドル)、⑨フランス39人(64百万人、2兆4千億ドル)、⑩カナダ33人(36百万人、1兆6千億ドル)、⑪スイス32人(8百万人、6685億ドル)、因みに日本は27人で、⑫韓国31人(51百万人、1兆4千億ドル)、⑫ブラジル31人(204百万人、1兆8千億ドル)、⑬トルコ30人(78百万人、7164億ドル)、⑮日本27人(127百万人、4兆1千億ドル)の順となっている。

 

この順位をみると米国が圧倒的だが、ビリオネアーの数は国の人口や経済規模と直接関係しておらず、日本の規模であればもう少しビリオネアーがいてもよいのではと思う。人口やGDPから考えると100名近くは欲しい。つまり、先進国で格差が一番ない国であろう。これは世界で群を抜いて高い個人所得税と相続税がなせる業なのかもしれない。因みに日本のビリオネアーの27人は以下の通り。内訳は、Self-Madeが78%、Inherited & Growing が15%、Inheritedが7%となる。

 

①柳井正&ファミリー146億ドル(57位、ユニクロ)、②孫正義117億ドル(82位、ソフトバンク)、③滝崎武光72億ドル(163位、キーエンス)、④三木谷浩56億ドル(228位、楽天)、⑤森章49億ドル(286位、森トラスト)、⑥韓昌祐&ファミリー40億ドル(380位、マルハン)、⑦伊藤雅俊36億ドル(435位、イトーヨーカドー)、⑧三木正浩35億ドル(453位、ABCマート)、⑨高原慶一郎&ファミリー35億ドル(435位、ユニ・チャーム)、⑩毒島邦雄&ファミリー29億ドル(595位、三共)、⑪森佳子25億ドル(688位、森トラスト)、⑫永守重信22億ドル(810位、日本電産)、⑬似鳥昭雄20億ドル(906位、ニトリ)、⑭重田康光20億ドル(906位、光通信)、⑮前澤友作16億ドル(1121位、スタートトゥデイ)、⑮多田勝美16億ドル(1121位 大東建託)、⑯安田隆夫13億ドル(1367位、ドンキホーテ)、⑰馬場功淳12億ドル(1476位、コロプラ)、⑱毒島秀行11億ドル(1577位、三共)、⑱福武總一郎11億ドル(1577位、ベネッセコーポレーション)、⑱岡田和生&ファミリー11億ドル(1577位、ユニバーサルエンターテインメント)、⑱山海嘉之11億ドル(1577位、サイバーダイン)、⑱島村恒俊11億ドル(1577位、しまむら)、⑲笠原健治10億ドル(1694位、ミクシィ)、⑲野田順弘10億ドル(1694位、オービック)、⑲佐治信忠10億ドル(1694位、サントリー)、⑲田中良和10億ドル(1694位、グリー)。

 

産業別では、ユニクロの柳井ファミリーが圧倒的だが、しまむらを含めたファッション、IT関係では孫社長のソフトバンク、2015年3月に自動車配送アプリ会社Uber社の競合会社Lyft社に300百万ドルほど投資をした楽天、ZOZOTOWNの前澤社長、更にはソーシャルネットワーク、オンラインゲーム系が多く、また、英語ではGaming、Casinoの産業カテゴリーとして、ラスベガスWynn社の株式を強制売却させられ追い出され、フィリッピンでカジノを建設しているユニバーサルエンターテインメントの岡田社長、更には 日本特有なものとして、パチンコのマルハン及び三共もかなりの割合を占めている。

 

今や時の人のトランプ氏は、フォーブス番付では45億ドル(4,500億円)で324位となっており(彼自身は100億ドルと主張しているが。)、同じ不動産ビリオネアーの森章氏より順位は低いということになる。因みに、米国の内訳をみるとSelf-Madeが68%、Inherited & Growingが15% 、Inheritedが18%なので、まだまだAmerican Dreamはあるということになろう。最近大統領選も含め様々な問題を抱える米国ではあるが、資本主義、民主主義を標榜し、富裕層に手厚いアメリカでビリオネアーが誕生するのも、ごく自然な成り行きであろう。日本の大きなネックは個人に対する課税の重さと、成功者や金持ちに対する妬み(ねたみ)が外国に比べことさら際立っていることであろうか。その為、金持ちから高い税金を取るのが当たり前だとする日本と、金持ちを優遇しないと投資や雇用が増えないと思うアメリカの、国民性の違いの結果だと思われる。

 

しかし、上記に掲げた日本人の海外脱出はかなりの勢いで増加している。この人までもやるかと思われる。

 

☆ 推薦図書 ☆
百田尚樹著 『鋼のメンタル』 新潮新書 720円+税
他人の目が気になってしかたがない、悪口に落ち込む、すぐにクヨクヨする、後悔を引きずる、人前であがってしまうなどなど、そんな悩みを抱えている人は多い。それらの問題を解決する方法は難しくない。考え方ひとつで、誰でも「精神の強さ」は鍛えられる。著者がマスコミ、ネットで激しいバッシングを受けても、へこたれず我が道を行く「鋼のメンタル」は、どのように形成されたのか、著者初の人生論であり、即効性抜群の実践的メンタルコントロール術を紹介している。
この本の中で著者は「打たれ強さ」を書いているが、その言葉と「厚顔無恥」とは似て非なるものだと言っている。前都知事は精神力が強いのではなく「恥」とか「みっともない」という感覚が欠如しているに過ぎない。政治家の中には、ほぼ黒という疑惑を突きつけられても決定的証拠が出るまでは平然と議席にいる議員も珍しくないが、これも同然で、彼らに対していう言葉は「蛙のつらに小便」である。小便がかかっても汚いと思わないのは「メンタルが強い」のではなく、「感覚が異常」なだけなのだと。
著者はマスコミからバッシングされ続けた。自分の主張を正直に言うことがそうなるのだと。しかし、敵も味方もいない人生よりも、敵はいるが味方もいる人生の方が、何倍も楽しいと思いませんか、と書いている。

関連記事

  1. アメリカ人の税金、抜け穴の大きさ
  2. ニセ領収書の発行元「B勘屋」
  3. トランプ大統領候補の節税対策~その2~
  4. 国境を超える米企業の節税策、これはバトルか
  5. Equifax社のハッキング事件と闇サイト、アメリカ
  6. アメリカ人の慈善活動(偽善活動)の話題
  7. カリフォルニア州でGig Companyの危機
  8. アップルに1兆5000億円の追徴課税

アーカイブ

PAGE TOP