ブログ

トランプ氏の確定申告書

先日ニューヨークタイムズがトランプの1995年の確定申告書を入手したと発表した。トランプは、IRS(国税庁)が税務調査中であるので、自身の確定申告書を公表することができないとしてきた。ニューヨークタイムズによると、NY市の郵便局の消印がある封筒が届けられ、開封してみると“NY State Tax Return, New Jersey Non Resident Tax Return, Connection Non Resident Tax Return”のそれぞれ1ページが中に入っていたということである。

 

このTax Return(確定申告書)で明らかになったことは、トランプはこの年9億1,600万ドル(約1,000億円)の損失を出していて、トランプ本人の給与は6,108ドル(700万円)しかなく、利息収入は740万ドル(8,000万円)あるということである。特に目を引くのは、アメリカでは9億1,600万ドルの損失は当時15年、現在では20年間繰り越され(日本では3年)、その後の所得と相殺される。このアメリカ税法では毎年5,000万ドル(50億円)の所得があっても18年間税金を払わずに済むということだ。トランプは実際、何年も税金を払っていない。彼の弁護士によれば、トランプは過去にFederal TaxesやState Taxesは払っていると言っているものの、Federal Income TaxesとかState Income Taxesを払っているとは言っていない。

 

考えてみると、トランプの9億1,600万ドルの損失は何で生じたのか。トランプ本人はNew Jersey州のカジノホテル経営、トランプ航空会社の経営、プラザホテルの購入が失敗し損失を被ったと言っているが、実はクリントンとの討論会で明らかになったのだが、不動産デベロッパー特有の減価償却損(アメリカでは加速度償却が認められる)であることがわかった。トランプ自身、テレビ討論で“I have a lot of write-off. A lot of it is depreciation, which is a wonderful charge. I love depreciation”と言ってしまった。

 

さらに、1995年の確定申告書を作成した会計士Mitnickにインタビューしたところ、トランプと自分が申告書を作成したと認め、トランプの損失が915,729,293ドルであるのに対し、当時の会計ソフトは7桁まで入力できなかったので手書きで申告したとまで言った。Mitnick会計士は80歳を超え、現在はフロリダでリタイヤ生活を送っているが、トランプの父Fred Trumpの時から顧問会計士を務めていた。トランプが18歳の時から税務コンサルをしてきたので、トランプの節税対策はMitnickがやってきたというわけである。Mitnickはインタビューで、トランプは父親が詳細にまでこだわる性格であったのと対照的に軽率で自制心のない性格であると述べている。例えば、最初の妻Ivankaと確定申告書(注:アメリカでは夫婦で一つの申告書)に署名をする際、トランプは何も見ずに署名をするのに対して、Ivankaはいろいろ質問してくる。

 

トランプは1987年、著書“The Art Of The Deal”の中でMitnick会計士を“My Account”といい、彼の不動産プロジェクトに対し、新しい税法が彼の不動産に関する税額控除にどう影響するのかの質問があったのを最後に、トランプとうまくいかなくなった。

 

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、トランプは税法をよく知っているからだ、自分は天才だ、自分が大統領になれば税法をもっとよい方向に変えることができると言っているが、この前の討論会でヒラリーが「どこの天才が、これだけの損失を出せるのか、トランプに税法を任せるのは、オオカミにニワトリの番をさせるのと同じだ」と言い放った。トランプは反論し、ヒラリーの同胞であるジョージ・ソロスやウォーレン・バフェットも何百万ドルの税額控除をしていると言った。しかし、その後ウォーレン・バフェットは2015年の申告書を開示し、所得は1,160万ドル(12億円)、税額控除は550万ドル(6億円)で、350万ドル(4億円)をチャリティーに寄附しているとし、過去の損失を繰延べしたことは一度もない、しかも自分も税務調査されているが、法律上、申告書を開示できないということは全くない、トランプも早く開示しろ、と逆に言われた。

 

1995年のトランプの申告書をニューヨークタイムズが不法な手段で入手したとして、トランプは訴訟を起こすと騒いでいるが、アメリカの巷の噂では、元妻のMarla Maplesがニューヨークタイムズに送ったという話である。女性を粗末に扱うと何十年経っても、その恨みに祟られるというわけだ。

 

 

☆ 推薦図書 ☆
北條元治著 『医者が自分の家族だけにすすめること』 祥伝社新書 800円+税
病院で受ける治療や投薬、それらが本当に自分に適しているのか疑った方がいい。医師が商売ではなく、医師本人や家族が病気にかかったときにどのような治療を選択するかを、リアルな本音とともに描いた本である。中味は、風邪を引いても病院に行かない、花粉症なら病院に行く、皮ふは清潔にしすぎない、お酒は毎日飲んでもいい、こんな病院は替える、手術前に必ず依頼すること、ジェネリック医薬品は絶対避ける、ガンは放置しないなど、50項目にわたり書いている。
その他、肩こりや糖尿病など身近なものから認知症、余命宣告などもある。これはコンパクトな家庭の医学書である。

関連記事

  1. 世界の富裕層が集まる国、アメリカ
  2. 雇用者か事業者か? アメリカ・カリフォルニア州での争い
  3. アメリカ富裕層のコロナ対策
  4. 日本の来年度税制、日米の差
  5. ギリシャ危機と地下経済と脱税
  6. トランプの税制改革、日本も学ぶべき
  7. 同性婚を合法とするアメリカ最高裁の判決
  8. 死ぬ直前の相続税対策は無意味か?

アーカイブ

PAGE TOP