ブログ

タックスヘイブン国?アメリカの実体

先週、ロンドンで世界の汚職や腐敗の根絶を話し合う国際会議「反腐敗サミット」が閉幕した。そのなかで、例のパナマ文書を受けて租税回避地(タックスヘイブン)の透明性を確保し、税逃れに対しての規制強化が問題とされた。キャメロン英首相をはじめ欧州各国首脳も参加、アメリカのケリー国務長官も参加したが「対策を進めたい」という言葉にとどまった。彼は正直である。つまり、はじめからタックスヘイブン対策を進める気がない。

 

ケイマン諸島やバージン諸島などタックスヘイブン地いろいろあるが、タックスヘイブン地の雰囲気を味わいたければ、まず、アメリカ、デラウェア州のウィルミントン市に行ってみるがいい。ウィルミントン市は人口7万人、その中で、ど有名なノースオレンジ通り(North Orange St.)1209の番地に2階建ての貧相な建物がある。この2階建ての建物(ビルではない)に本社を置く企業は32万社ある。ウォールマート、スターバックス、アップルなどの本社登記地がこの建物にあるのをご存知ない人はいっぱいいる。当然、今をときめくトランプ大統領候補の会社もここにある。驚くことはない。アメリカの上場企業の設立当初の本社の95%は、このウィルミントンにある。デラウェア州全体の人口もたった94万人、この州に本店所在地のある企業はなんと118万社である。

 

ここで仮に、会社を設立したいと思ったら、この2階建ての建物にまず伺う。この建物はCTコーポレーションという会社が所有し、建物にそのオフィスがある。そのオフィスでは次のような会話が常に行われる。
「ここに会社を設立したいのですが」
「わかりました。あなたのプライバシーに関する情報は要りません。そして、会社役員の名前や株主の名前も必要ありません。さらに、あなたの名前や住所も教える必要がありません。デラウェア州在住の人の名前を使えばすべて完成です」
「値段はいくらですか」
「すべての手続きで約300ドル(3万円)です。急がれるのでしたら1000ドル(10万円)を支払えば、1時間以内で設立登記が完了します」

 

このデラウェア州では、2015年に設立登記された会社は17万8000社、1月あたり500社である。この州は設立登記の税や手数料で年間1100億円稼いでいる。人口94万人しかいないので州民は豊かである。
さらに、
「100ドル追加で、本日設立した会社を30年前に設立したように見せかけることができますよ。それは、安定利益をあたかも出して信用を得る効果的な方法ですよ」

 

この州は、州の法律で守秘性がある。外国人が設立したとしても、社長のパスポートやあるいはソーシャル・セキュリティ・ナンバーを見せられたとしても、その会社の実質所有者はわからない。これらの会社の役員連中は1人あたり何百社にも名義貸しを行っていて、仮にIRS(アメリカの国税庁)から代表者に連絡があると、素早く弁護士に転送し、その弁護士は州の守秘義務を盾に情報は明かせないとして結着する。

 

アメリカにはこのような地域があるので、わざわざパナマやケイマンに資産は置かない。それどころか、世界中から資金が集まるようにできている。租税回避のための世界会議を何度行っても、アメリカは「税逃れは許さない」と主張するのみで、自らの国の情報開示はいつまで経ってもしない。日本人はアメリカを知っているようで知らない。原因の一つにマスメディアの報道があろう。

 

 

☆ 推薦図書 ☆
瀧森古都著 『孤独の果てで犬が教えてくれた大切なこと』 SBクリエイティブ 1200円+税
ショーケースの中を見ると、ペットショップの女性店員が店の外へ出て来て、俺に声をかけてきた。「そのポメラニアン、かわいいでしょう。ちょっと大きくなってしまったけど、とても人なつっこいんですよ」
店員は「このワンちゃんで最後なんです」と後押ししてきた。俺はふと頭に浮かんだ疑問を投げかけてみた。
「もし売れ残ったら、この犬はどうなるんですか?」
「売れ残ったら……ですか?里親さんを探したりしますが、見つからなければボランティア団体に引き取ってもらうか、それも無理だったら……」と言ったところで、店員は一度口を閉じた。
「それも無理だったら……?」
「この子は、もう大きいから、かわいそうな運命を辿ってしまうかも……」
売れ残った犬は、結局、生まれてから死ぬまで空を見ることもなく、大地を駆け回ることもなく、短い一生に終止符を打つ。
「生き物ですが、商品ですからね……仕方のないことです」
商品?仕方のないこと?
この著は、犬を通して、大切な人たちへの感動の想いを伝え、人生を語り、私自身、涙なしでは読めなかった。運命とは何かを訴えた本である。

関連記事

  1. 郵便番号で知る、金持ちの町、アメリカ発
  2. 納骨堂が脱税、逮捕
  3. Wal-Mart-Waltons(ウォルマート)家の相続税対策
  4. 復興税、江戸時代と今
  5. アメリカの2014年度税制改正案、日本との差
  6. 海外に5000万円超の財産を持つ日本人8100人
  7. ロンドン市長をIRSが脱税告発
  8. ロンドン市長の税金問題 ~続編~

アーカイブ

PAGE TOP