奥村税務会計事務所 新着ブログ

一覧を見る

代表者ブログRSS

2016年08月22日

世界の富裕者が嫌がる日本の相続税制

  上の表はクレディ・スイスが発表した、純資産(資産マイナス負債)が5,000万ドル(50億円以上)の富裕者の国別人数である。日本は第8位で2,467人、1位アメリカの58,855人比べれば25分の1。しかし、実際の人数はこんなものではない。アメリカも日本も何倍も違うのではないのかと実感する。それはさておき、この表は、欧米と中国、台湾、日本と、地球上での分布では偏りすぎであ...

2016年08月08日

アメリカ人の税金、抜け穴の大きさ

アメリカ共和党の大統領選指名演説でトランプはこう言った。“One of the highest taxed nation of the world”しかし、これは全く間違っていると。フォーブスによると、GDPに対する税収の割合ではアメリカは世界中のトップには遠く及ばないと書いている。OECD諸国の税収のGDP比の平均が34%であるのに対して、アメリカは26%、フランスは43%、ドイツが36%、イギ...

2016年08月01日

旧村上ファンド、15億円の申告漏れ

村上世彰氏の投資会社レノが東京国税局から3年間で15億円の申告漏れを摘発された。過少資本税制違反というもので、この適用は大変珍しい。   この税制は海外に子会社を作るときに、例えば10億円の資金が必要な会社だとした場合、資本金1億円、親会社からの借入金9億円の合計10億円とするか、初めから資本金10億円とするかと考えると、親会社からの借入金9億円とした場合、仮に支払利子5,0...

奥村税務会計事務所 講演会・セミナー実施のお知らせ

バックナンバー

講演会・セミナー実施のお知らせRSS

次回の予定は、しばらくお待ちください

過去の講演会・セミナーを見る

ページ先頭へ

奥村税務会計事務所 新刊紹介

相続税対策としての家族信託

(清文社 ⁄ 185ページ ⁄ 2200円(税別))

相続に携わる実務家必読! 相続トラブルの回避、事業承継対策、相続税対策に活用できる家族信託。 その実務を具体的かつ平明に解説。 主要目次: 第1章 ここがポイント!家族信託の基...

書籍の購入はこちらから

こう変わる!! 平成28年度の税制改正

(実務出版 ⁄ 165ページ ⁄ 1,852円(税別))

本書収録の改正ポイント: ● 個人所得課税(所得税・固定資産税等)編 三世代同居対応住宅のリフォーム特例 空き家譲渡に3千万円控除の特例 医療費控除の特例の創設 など &...

書籍の購入はこちらから

平成28年度版 住宅・土地税制がわかる本

(PHP研究所 ⁄ 79ページ ⁄ 600円(税別))

目次: Chapter 1 ここに注目!平成28年度の住宅・土地税制 Q1 親から住宅取得資金をもらうと贈与税の非課税枠はどうなりますか? Q2 大型住宅ローン減税とはどのようなもの...

書籍の購入はこちらから

  • 代表者ブログ
  • 採用情報