奥村税務会計事務所 新着ブログ

一覧を見る

代表者ブログRSS

2016年12月05日

配偶者控除、日本とアメリカ

今、太平洋上のJAL機内である。便利になったもので、機中からパソコンができるのである。それはさておき、最近の与党税制調査会で議論の目玉は配偶者控除制度の見直しである。妻の年収が103万円を超えると夫の扶養者になれない。そうなると夫の所得税や住民税が大きく上がるので、主婦のパート労働等において、年収103万円以内に抑えるようにする。これでは女性の社会進出を拒んでいるようであるので、もっと緩和すべきだ...

2016年11月28日

クレディスイス、まだあるアメリカ人秘密口座

私は本日、ロサンゼルスに向かうのだが、その前に、またしてもアメリカIRSの情報が舞い込んできた。かつて、このブログでも書いたが、2014年2月、US Senate Committeeはクレディスイス銀行がアメリカ人の所有する100億ドル(1兆円)の資産をアメリカIRSに秘匿しているとされ、3か月後クレディスイスはこれを認め、隠していたアメリカ人の口座を全て洗い出し、何と記録的な罰金26億ドル(2,...

2016年11月21日

富裕層の海外申告漏れは過去最高

トランプの公約である富裕層への減税政策とは真逆の、富裕層増税策を打ち出している日本政府。それに伴って国税庁は富裕層に対しての調査を行った。平成27年事務年度(平成27年7月~平成28年6月)には4,377件の調査を行い、その結果、申告漏れ所得金額合計516億円、追徴課税も120億円と過去最高を記録したと公表した。このうち海外関連の申告漏れ所得金額は168億円となっている。興味深いのは、最近実施調査...

奥村税務会計事務所 講演会・セミナー実施のお知らせ

バックナンバー

講演会・セミナー実施のお知らせRSS

次回の予定は、しばらくお待ちください

過去の講演会・セミナーを見る

ページ先頭へ

奥村税務会計事務所 新刊紹介

相続税対策としての家族信託

(清文社 ⁄ 185ページ ⁄ 2200円(税別))

相続に携わる実務家必読! 相続トラブルの回避、事業承継対策、相続税対策に活用できる家族信託。 その実務を具体的かつ平明に解説。 主要目次: 第1章 ここがポイント!家族信託の基...

書籍の購入はこちらから

こう変わる!! 平成28年度の税制改正

(実務出版 ⁄ 165ページ ⁄ 1,852円(税別))

本書収録の改正ポイント: ● 個人所得課税(所得税・固定資産税等)編 三世代同居対応住宅のリフォーム特例 空き家譲渡に3千万円控除の特例 医療費控除の特例の創設 など &...

書籍の購入はこちらから

平成28年度版 住宅・土地税制がわかる本

(PHP研究所 ⁄ 79ページ ⁄ 600円(税別))

目次: Chapter 1 ここに注目!平成28年度の住宅・土地税制 Q1 親から住宅取得資金をもらうと贈与税の非課税枠はどうなりますか? Q2 大型住宅ローン減税とはどのようなもの...

書籍の購入はこちらから

  • 代表者ブログ
  • 採用情報