代表者ブログ

大富豪アマゾンのJeff Bezosの資産と給料

2019年04月15日

久しぶりにロサンジェルスのステップルセンターでレイカーズとユタのジャズとの試合を観戦した。応援するレイカーズが僅差で勝ったが良い試合であった。

 

ところで、最近アマゾンのJeff Bezosは離婚、愛人騒動に端を発し、タブロイド紙による恐喝騒動といつになく紙面を騒がせている。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、彼の年間給与はわずか81,840ドル(900万円)だが、資産はビル・ゲイツを上回り世界一となっている。彼の離婚により、彼の資産がどうなるのか、アマゾンの持分はどうなるのかと騒がれたが、この離婚調停もかなりのスピードで終わり、昨日元妻Mackenzieのツイートがあった。これによると、ワシントンポスト紙及びBlue Origin(宇宙飛行機会社)の100%、75%のアマゾン株及び株主行使権を譲ったとあった。

 

2人はアマゾンの株式の16%を所有していたので、今回の離婚によりJeff Bezosは12%所有、妻Mackenzieは4%所有となる。これは11日現在の株価でそれぞれ1,070億ドル(12兆円)、360億ドル(4兆円)の資産分割となる。フォーブス誌の推定ではビル・ゲイツ氏の資産は965億ドル(11兆円)なので、離婚後もJeff Bezosが世界一の資産家ということになる。これだけではMackenzieの取分は少ないように見えるが、彼らはワシントン州Bellevue市、カリフォルニア州ビバリーヒルズ、ワシントンDCに大豪邸を所有、テキサスには大牧場、ニューヨークには複数のコンドミニアムを所有している。また、Airbnbや Uberへの投資、Convoyや Workday等のスタートアップの会社及び Business Insider誌にも多額の投資をしている。 また、1万年動く時計プロジェクトに融資もしている。しかし、これらの資産をどう分割したかは明らかになっていない。

 

離婚後もかなりの資産を有するJeff Bezosだが、年間給与は81,840ドル(900万円)で、この給与額は過去20年間全く変わっていない。ただ、セキュリティ関連サービス及び出張費用の手当として、2010年より160万ドル(1億8000万円)が支払われているようだ(2003年よりこのような開示がされているが、その当時は110万ドル(1億2000万円)だったようである。)。また、株式連動報酬は一切ない。アメリカではIT関連企業がCEOの給与を低くしている例が多い。例えば、アップルのスティーブ・ジョブ氏の給与は毎年1ドルだったし、グーグル創立者ペイジ氏やブリン氏も1ドルだった。元オラクルCEOエリソン氏も1ドルであった。(しかし、彼らの場合は株式での報酬を受けていたので、毎年最も高額の報酬を受け取るCEOでもあった。)

 

Jeff Bezosの場合は、過去20年の給与は毎年81,840ドル(900万円)だが、その前の1997年は79,197ドル(880万円)、1996年は64,333ドル(700万円)だった。CEOにしては給与が低いわけだが、アマゾン従業員の殆どは倉庫で働いていることもあり、平均給与は2018年で28,836ドル(300万円)である。2018年11月よりアマゾンは、アメリカでのフルタイム従業員に対して最低賃金を時間当たり15ドルに引き上げており、直近の平均給与は35,096ドル(380万円)まで上がっているとのこと。

 

このような例を見ると過去のブログでも言及したが、アメリカでは給与所得という所得は税率が高く、配当、株式譲渡益、キャピタルゲインには十数パーセントしか課税されない。資産家はますます手取りが高くなり、額に汗してしか収入を得られない人は30数%の課税、またそれを許すアメリカ国民。世界の富裕層はアメリカで住みたいと思うのももっともである。

 

 

☆ 推薦図書 ☆
日本経済新聞社編 『限界都市 あなたの街が蝕まれる』 日本経済新聞社 850円+税
最近、首都圏などはタワーマンションが次々と建てられ、そこに人口が流入する。そのため周辺の駅の混雑や待機児童の増加、住民間の交流の喪失などの問題も生じている。
タワーマンション乱立の原因は、市街地再開発の制度自体にある。再開発事業では既存の土地・建物を集約し、より大きな建物をつくる。事業者は住宅の規模に応じて開発利益を増やせるため、住宅を大量供給するのである。
一方、40年~50年前に郊外に建てられた団地の老朽化に伴って住民人口の高齢化、人口の減少が進んでいる。そのため地価が下落している。老朽団地を建て替えるのは、ほぼ不可能である。建て替えには全体の5分の4以上、各棟で3分の2以上の住民合意を得なければならないからである。
市は税収確保のため、大型施設を誘致するなど、部分最適の街づくりに走り始めた。つまり都市整備という観点ではない。今後、都市の将来像を描くことの限界を感じる本である。

ページ先頭へ

一覧に戻る

税理士法人奥村会計事務所 新刊紹介

こう変わる!! 平成31年度の税制改正

(実務出版 ⁄ 180ページ ⁄ 1944円(税別))

本書収録の改正ポイント: ● 個人所得課税編 住宅ローン控除特例・空き家譲渡に対する3千万円控除特例の創設、仮想通貨の取得価額の計算方法の明確化、配偶者控除適用の見直し、NISA・ジュニア...

書籍の購入はこちらから

これだけ知れば十分! 法人と個人の新・事業承継税制

(清文社 ⁄ 177ページ ⁄ 2000円(税別))

目次: 第1章 中小企業の現状と経営承継の円滑化-納税猶予制度の背景- 第2章 従来からの非上場株式等の贈与税・相続税の納税猶予制度(一般措置) 第3章 創設された非上場株式等の贈与...

書籍の購入はこちらから

2019年度版 住宅・土地税制がわかる本

(PHP研究所 ⁄ 79ページ ⁄ 600円(税別))

目次: Chapter 1 ここに注目!2019年度の住宅・土地税制 Q1 親から住宅取得資金をもらうと贈与税の非課税枠はどうなりますか? Q2 大型住宅ローン減税とはどのようなもの...

書籍の購入はこちらから

  • 代表者ブログ
  • 採用情報