代表者ブログ

IRSの調査、脱税資金はどこに行く

2015年11月09日

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、スイスの金融機関はIRSの執拗な追及で、半ばギブアップ状態であるという。もともとオバマ政権がUBSのアメリカ人秘密口座の開示を要求したのがきっかけで、音をたてるように、クレディスイスをはじめ、スイスの大手の金融機関がアメリカ政府の軍門に下った。それまでは秘密の口座を作るにはスイスだという合言葉があったぐらいだ。アメリカの強さは米ドルの信頼性である。これはユーロもルーブルも元も全く敵わない。日本の円も同様である。米ドルはアメリカ経済とアメリカ軍に裏打ちされているからだ。

 

世界の富裕層に愛されたスイス。しかしスイスの銀行はアメリカによって世界一透明度の高い銀行になった。スイスを追い出された超富裕層の資金はどこに行ったのか。それはスイスの大手銀行が顧客を手放すなか、スイスに200以上もある中小の銀行が、アメリカ人客を受け入れることとなったようだ。その一つがチューリッヒに本拠地を置くMigros Bank AGである。この銀行は元来、地方銀行で中低所得者を顧客としていた。ところがアメリカ政府がスイス大手の銀行を攻撃して、超富裕層が逃げ出したのを見て、逃げた顧客を自行で囲い込もうと思ったのである。これは儲かるビジネスだと。

 

2009年から翌年にかけ、逃げ出した超富裕層75名のアメリカ人口座を新たに開設した。その当時の経営者は、自行の客のほとんどがスイス人の中流家庭の人で、このような銀行にアメリカ政府が照準をあて、狙ってくることはあり得ないと思っていたと、後日コメントしている。しかし2012年にアメリカのIRSからアメリカ人顧客の開示要求がきた。そこでIRSの要求に応えるふりをして、密かにアメリカ人顧客の資金を、極秘に同規模の他のスイスの銀行に移動させたり、IRSの目から隠れるような方法で資金を引き出させていたり、隠蔽工作を行った。

 

今まで2009年にUBSが7億8000万ドル(940億円)、2014年にはクレディスイスが26億ドル(3120億円)、Bank Leumi(イスラエル)が4億ドル(480億円)、スイス中小銀行42行で計3億6000万ドル(432億円)、Wegelin(スイス)が7400万ドル(88億円)、Liechtensteinsche Landesbank(リヒテンシュタイン)が2400万ドル(2880億円)、Swisspartners Investment Bankが440万ドル(5億3000万円)。これらを合計すると5万4000人ものアメリカ人が80億ドル(1兆円)のペナルティーを払い、その追徴された税額は120億ドル(1兆5000億円)にものぼる。日本の1年の相続税収入よりも多い。恐ろしい税額である。

 

米メディアによると、IRSは今まで入手した膨大な顧客データの分析を引き続き行い、スイスを叩いた後のアメリカ人資金は、いったいどこに行ったのかを、世界中探し回るとしている。どうもアメリカIRSは本気のようである。今後もまだまだオフショア口座に絡む金融機関、アドバイザー機関がアメリカ政府に裁かれるケースは多くなると予想される。筆者が不思議に思うのは、アメリカ国内に逃げ込んだ世界の脱税資金にはアメリカ政府は何も言わない。特に中国からの巨大資金については発表さえしない。「雇用」と「投資」が最優先の国柄、アメリカに逃げ込んだ資金については外国から絶対守るという姿勢。手前勝手ではあるが、わかりやすい国でもある。

 

 

☆ 推薦図書 ☆
富士通エフ・オー・エム㈱著 『マイナンバーはじまります』 FOM出版 700円+税
「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、長いが、いわゆるこれが「マイナンバー法」の通称である。このマイナンバーの解説本は巷に溢れている。この本はそれを簡潔に要約して、必要なことだけを書いていて、他の本のようにハウツーなどの主観的な記述はない。ただただマイナンバー制度をわかりやすく、本ではなく、冊子にまとめている。知っておくべきマイナンバー制度はこれで十分である。
ところで、マイナンバーは根付くのであろうか。実施前からもいろいろと問題が出てきている。昔のグリーンカード、住基番号制度と廃止になったが、2度あることは3度あるということわざがあるが・・・。

ページ先頭へ

一覧に戻る

税理士法人奥村会計事務所 新刊紹介

こう変わる!! 平成31年度の税制改正

(実務出版 ⁄ 180ページ ⁄ 1944円(税別))

本書収録の改正ポイント: ● 個人所得課税編 住宅ローン控除特例・空き家譲渡に対する3千万円控除特例の創設、仮想通貨の取得価額の計算方法の明確化、配偶者控除適用の見直し、NISA・ジュニア...

書籍の購入はこちらから

これだけ知れば十分! 法人と個人の新・事業承継税制

(清文社 ⁄ 177ページ ⁄ 2000円(税別))

目次: 第1章 中小企業の現状と経営承継の円滑化-納税猶予制度の背景- 第2章 従来からの非上場株式等の贈与税・相続税の納税猶予制度(一般措置) 第3章 創設された非上場株式等の贈与...

書籍の購入はこちらから

2019年度版 住宅・土地税制がわかる本

(PHP研究所 ⁄ 79ページ ⁄ 600円(税別))

目次: Chapter 1 ここに注目!2019年度の住宅・土地税制 Q1 親から住宅取得資金をもらうと贈与税の非課税枠はどうなりますか? Q2 大型住宅ローン減税とはどのようなもの...

書籍の購入はこちらから

  • 代表者ブログ
  • 採用情報